梅雨。

この時期に限った話ではないのですが、
狙ったようにレッスン日に
雨の日が多い方が何人かおられます。
「楽器始めたからかな」と
笑い飛ばしてくれてます。

楽器にとっても
あまりいい時期ではないですね。
かといって
どうしようもない部分もありますので、
特にアコギなどは
なかなか管理も難しいですね。

10年、弦張りっぱなしでも
なんともなかったり、
ほとんどないと思いますが、
店の新品なのにブリッジが
そこそこ剥がれてたり、
それは気に入ってしまったので、
直してもらってつい買ってしまったり。

少しぐらいならブリッジが浮いてたり、
トップが膨らんでても
問題ないと思いますし、
時々確認程度はしていますが、
手に負えなくなったら
修理に出すしかないと思ってます。

そんな訳で毎日のように弾いている楽器は
弦も緩めてませんが、
これまでトラブルは
それほど無いように思います。
運がよかっただけかもしれませんが、
あまり気にしすぎないのが
一番いいのかなという結論です。
(個人の感想です。)

あまり答えになってませんけど。
ていうか質問もされてないですけど。

もし100万のギターを持ってたら、
5分おきに湿度計チェックしてる気がします。

コメント

コメントする

目次
閉じる